特許庁では、中小企業にとって費用負担が大きい先行技術文献等の特許情報分析
支援を通じ、中小企業等の研究開発戦略の策定、オープン・クローズ戦略等を含
む出願戦略の策定及び権利取得可能性判断を包括的に支援します。

■平成28年度 中小企業等特許情報分析活用支援事業のご案内
詳細 特許庁HP:https://www.jpo.go.jp/sesaku/chusho/bunseki.htm
本事業HP:http://ip-bunseki.go.jp/

●概要:
特許庁では、費用負担が大きい先行技術文献等の特許情報分析支援を通じ、中小
企業等の研究開発戦略の策定、オープン・クローズ戦略等を含む出願戦略の策定
及び権利取得可能性判断を包括的に支援するため、次の各段階のニーズに応じた
特許情報分析の支援を行います。

1.「研究開発」段階:特許情報を活用した研究開発戦略の策定を支援
(無料:上限100万円の特許情報分析を実施)
2.「出願」段階:出願戦略の策定を支援し、効果的な知財活用を推進
(無料:上限100万円の特許情報分析を実施)
3.「審査請求」段階:出願内容に関連する特許情報分析を通じ、権利取得判断を支援
(利用者負担10,800円~、特許庁負担64,800円)

例えば、1・2 では特許マップの作成や侵害予防調査等、3 では先行技術調査が実施
可能です。

上記 1 と 2 に関しては、期間を区切って年に数回、皆様からのお申込み(公募)を
受け付けますが、現在、第1回目の公募を受付中です(3 は6月より随時受付開始予定)。

詳しくは、特許庁ホームページ、もしくは本事業ホームページをご参照ください。
・特許庁HP:https://www.jpo.go.jp/sesaku/chusho/bunseki.htm
・本事業HP:http://ip-bunseki.go.jp/

●お問合せ先:
一般社団法人発明推進協会 調査管理チーム
担当者:赤穂、小泉、三浦
電話:03-3502-5448
E-Mail: bunseki@jiii.or.jp

物産おおいた

物産おおいた | 大分県の物産・特産品の紹介サイト

アーカイブ