シンガポールで初めての大分県フェアが開催されました。
 このフェアは、商社である祖峰企画(株)が、同社が扱うミネラルウオーターの輸出に合わせ、県産品を海外へ輸出するために企画されたもので、大分県とジェトロの協力により開催されたものです。

 商談会では、出展企業16社に対し、バイヤー、日本料理店シェフ等、64名(38社)が来場し、102件の商談を行うことができました。

 物産展は、酒や肉、魚、果物、野菜、スイーツなど、大分の豊かな自然が育んだ自慢の産品が販売され、酒や果物など多くの商品が最終日を待たずして売り切れるなど、たくさんのお客様で賑わいました。
 また、大分の温泉を体験できる足湯コーナーや大分県応援団”鳥”の「めじろん」も大人気で、大分県の味力(みりょく)と温泉を満喫していただきました。
 さらに、大分県人会の方々や、立命館アジア太平洋大学(APU)の卒業生にも通訳としてご活躍いただくなど、出展した企業の皆様とシンガポール在住の大分県にゆかりのある皆様が一緒になって大分県をPRすることができました。

 ①商談会(大分県、ジェトロ共催)
  期日:平成25年10月3日(木)
  会場:マンダリン・オーチャードホテル

 ②物産展
  期間:平成25年10月4日(金)~8日(火)
  会場:リャンコート・ショッピングセンター
販売額:約8万シンガポールドル(日本円で約650万円)

(参考)シンガポール大分フェア写真(PDF)
    シンガポール大分フェアチラシ(PDF)

物産おおいた

物産おおいた | 大分県の物産・特産品の紹介サイト

アーカイブ